大学受験勉強法NAVIは引っ越しました。 新しい場所はこちら↓ 「大学受験勉強法NAVI〜医学部生が教える5プラス1の勉強法〜

いい意味での「面倒くさがりや」を目指す

大学受験では「面倒くさがりや」が成功します。
これは勉強を怠ける人が成功するという意味ではありません。
無駄なことを省く姿勢が大事という意味です。(知識密度の意識)

几帳面すぎる人は細部が気になってしょうがなくなります。
例えば授業のノート。
授業のノートを家に帰って清書している人がいます。
清書をしなくても十分読めるし、使えるにも関わらずです。
授業のノートを授業のたびに清書していては、時間が足りなくなります。
点数を伸ばすにはその時間を利用して一問でも多く問題を解いたほうがいいです。

いい意味の面倒くさがりやはこんなことしません。
「そんなことめんどくさくてやってらんない」
こう言いながら楽な方法を探します。

それでいいんです。
神経質すぎると受験には悪影響を及ぼします。
僕は神経質なタチだったので、受験に失敗しました。

その後、力の抜き方を覚えました。
力を入れるべきところがわかってきたのです。
その結果合格できました。
合格できた時の僕は「面倒くさがりかつ几帳面」になっていました。

面倒くさいと思うようなことは大抵点につながりません。
几帳面すぎる人はもう少しラフにやってみてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。